ホーム>農園便り>生産者ブログ

生産者ブログ

寒波襲来

201721716239.JPG

 2月11日を挟む数日、今季最大とも言われる寒波が日本列島をすっぽりと包み、陸路はもとより

海路、空路共に寸断され、各地に被害をもたらしたと報じられた。

そんな中、我が家の母屋や鶏舎は雪に包まれ一面真っ白い白銀の世界と化しました。

出来るだけ自然に近い環境で飼育したいとの思いから作られた鶏舎は、西側は壁が張られ、他の

三面には金網が張られ、そこから雪が舞い込み床は真っ白。鶏たちは雪を避けるように置かれた

餌箱の中のエサをついばんでいます。

九州とはいえ標高750mの寺床の冬は厳しい。朝は-7~8℃、時には-15℃になる日もある。

そんな日のエサやりはしんどい。作業を続けていると、軍手の上に防寒用の手袋をはめた手が、

やがてかじかんで、その内に指先がジンジンと痛くなってくる。我が家の愛犬「もこ(オス4才)」の

わきの下にわが手を入れて温める。超大型犬の「もこ」は私にされるままにじっとしている。

 

2017217162934.JPGのサムネイル画像

 

2017217163158.JPGのサムネイル画像

 

201721716352.JPGのサムネイル画像

 

                                                    

新年のごあいさつ

    

    あけましておめでとうございます

 

旧年中は皆様方に「寺床の自然卵」をご愛用いただきありがとうございました。

また多くの方々からメールや振り込み用紙欄等々を通じ「寺床の自然卵」についての思いや

私共への励ましのお言葉を頂きましたこと等々、皆様から寄せられましたご厚情に心からお礼

を申し上げます。誠にありがとうございます。

この1月で私は後期高齢者の仲間入りです。しかし、年はとっても、まだまだ、まだまだと気張

って、文字通り安心・安全の「寺床の自然卵」の生産に励んで参りたいと思います。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

最後になりましたが、皆様にとりましてご健康で幸多き1年でありますようお祈り申し上げます。

 

           平成29年(2017年)1月吉日

                         寺床の自然卵  生産者   池田  泰博                            

 

地震こちら無事です

 4月14日の初震以来、熊本・大分地方では甚大な被害が出ており今なお余震が続いています。

我が家にも、これまで経験したことのない震度5強の地震があり、真夜中のことで(午前1時25分頃)

ドーン!!グラグラッ!突然の揺れにビックリして飛び起きました。家の中も外も真っ暗、鶏たちも

ビックリしたのか騒いでいました。暫くして電灯はつきましたが、又来るかもしれないと明け方まで眠れ

ませんでした。幸い我が家は、食器棚のガラスコップが1~2個割れた位で鶏舎も鶏たちも無事でした。

水も九重町の簡易水道が破損して昨日まで所によっては断水していましたが、私共の所では地下の湧水

を使っており、こちらも無事で水の心配もなく助かりました。

この度の地震で、卵のお客様をはじめ多くの方々から私共や鶏たちの安否を気遣ってお電話やメールを

頂き本当にありがとうございました。

ご心配をおかけしましたが、おかげさまで現在、通常通りの配達・配送を行っております(熊本県への

配送のみ未だ目途がたっておりません)。

鶏たちにとっても地震はストレスになったのかまだまだ余震もありで、このところ産卵が落ちてきており、

お届けまでに少し時間がかかっております。何卒ご容赦ください。

 最後になりましたが、今回の地震で甚大な被害を受けられました皆々様に心よりお見舞い申し上げます。

1日も早く余震が治まり復旧が進みますよう祈念致しております。

 

                              2016年 4月 24日

ホームページ リニューアルのごあいさつ

 早春の候 皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます

いつも寺床の自然卵をご愛用頂きありがとうございます

さてこの度、当方のホームページをリニューアル致しました

新しいホームページではご注文の方法が多少変わります

つきましては お手数をおかけしますが再度会員登録の手続きをして下さいますよう

お願い致します

ホームページの一新とともに  私共も気持ちを新たにし励んで参りたいと思っています

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます

 春とはいえ冷え込む日もございます  皆様におかれましては健康に留意されお過ごし

下さいますようお祈り致しております

 

      電話番号・FAX およびホームページアドレスとメールアドレスはこれまでと同様です


      TEL&FAX    0973-77-7445

      
      ホームページ     http://ee-tamago.jp   
     

               Eメール     info@ee-tamago.jp

 

                       以上よろしくお願い致します

 

                     2016年 4月 吉日

                             寺床の自然卵   池田 泰博

 

遅ればせながら


  
      明けましておめでとうございます   合わせて
      
           寒中お見舞い申し上げます



 遅ればせながらのご挨拶で誠に恐縮でありますが、皆様方には如何お過ごしでしょうか?

きっと新しい年に期待を込められ、この寒さの中でも元気にご活躍のことと思います。

 このところの円高株安、それに日銀のマイナス金利で気をもんでおられる方もいらっしゃる

かと思います。私どもには縁遠い話でありますが・・・。

 毎朝氷点下数度の中で餌を待っている鶏たちの世話をし、そのお返しに鶏たちが産んでくれる

卵を集めて廻る。それが私どもの一日の始まりです。

 このところの1日の朝昼そして週間の気温差にはビックリです。今冬、当地で一番寒かった朝は

1月25日の-13℃(積雪25㎝)でした。こんな気候変動の激しい中で思いを馳せるのは、被災

された東日本の方々、特に宮城・岩手さらに福島の東北3県の方々のことです。

 いくら寒さに強いであろうとも仮設住宅では、シンシンと冷え込む夜は眠れない日々ではないだ

ろうか?等などと思いを馳せています。

 東北の皆さん、寒さに負けないで頑張ってください!

 政府の皆さん!ゼネコン的な復興でなく庶民の方々が以前のような生活が1日も早く出来るような

復興を急いでやって下さい。あれから5年はもうすぐですよ!

 東北の皆さん、一日も早い復興と早く春が来るのを祈ってます!


 今年も一年間、消費者の方々の平穏なくらしとご健康を願い、安心安全の卵 「寺床の自然卵」 を

お届け出来ますよう精進して参りたいと思います。今年もよろしくお願いします!


                                                                        2016年 2月 吉日

残暑お見舞い申し上げます


 残暑お見舞い申し上げます 


 盛夏も過ぎ朝夕は幾分かしのぎやすくなったとはいえ、日中はやはり猛暑を思わせる厳しい暑さが続いています。

長い間ご無沙汰してしまいましたが、皆様お変わりなくお元気でしょうか。如何お過ごしでしょうか。

 私は、昨年末より体調不良になり、食欲不振、体重激減、微熱などの症状が続き、いろいろと検査しても原因不明で

結局のところ、自律神経に問題有りか?と言うことで6月より薬を飲み始め、今は好転し体重も増えてきています。

(メデタシ メデタシ・・・ デス)。

 そんな訳で、6月に放射能検査を予定していましたが、遅れに遅れ8月に入り前回に同じ「沖縄県環境科学センター」

に検体を送りました。遅れてしまったこと、誠に申し訳ありません。心よりお詫び申し上げます。

検査の結果は、同センターより 「放射能は検出されなかった」との連絡が有りましたが、詳しくは後日発表したいと

思います。

 幾分和らいだとはいえ、まだまだ日中は厳しい暑さが続きそうです。

皆様には水分補給や塩分補給(「沖縄の塩」等々・・・ミネラル分を含んだ自然塩がいいですよ)に努められて、

くれぐれもご自愛下さいますようお祈り申し上げます。

                               2015年 8月20日

                                     寺床の自然卵   池田 泰博

ごあいさつ

 


    あけまして おめでとうございます

 
 皆様におかれましては良き新年をお迎えになられたことと思います。

 昨年一年間お世話になりました。

 皆様方のご厚情に心よりお礼を申し上げますとともに、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 今年は新年のご挨拶が1カ月程遅れ、誠に申し訳ありません。お詫び申し上げます。

 実を申しますと、晦日、大晦日辺りから食欲不振で体調がおかしくなり、それでも“一年の計は元旦にあり”で

夫婦仲良く8時前には鶏たちへの給餌を終え、ささやかに雑煮で正月気分を味わい、集卵、たまご磨き(注※)、

選別、トレー詰め等々、普段通りに作業を終え、正月二日は鶏の餌の自家配合作業(鶏たちには盆も正月も有り

ませんし、私共の都合に合わせてはくれません)、正月三日目は餌やり、卵集め etc と普段通りに過ぎて行き、

体調の方は38度8分をピークに37度4分~6分を行ったり来たり・・・。

 連れ合いは物が二重にずれて見えると言い、急きょ芦北(熊本県)の方に住んでいる義弟に応援を頼み、14日

に二人で医者様の所に行き(幸い私はインフルエンザではないということで)、連れ合いは医者様の指示で翌日、

翌々日と脳神経外科、眼科医を廻り、投薬で今は回復に向かっています。

 何だかんだで、とんだ新年の幕開けとなりましたが、文字通り、言葉通り皆様方に安心して食べて頂きますように、

安全な「寺床の自然卵」づくりに精進して参りたいと思います。

 鶏の飼料の放射能検査は、前回から2年になりますので今年5月頃に検査依頼をしたいと思っております。

皆様にとりまして良い一年になりますようお祈り致します。

 東北の皆さん、お元気ですか!。  お変わりありませんか!。 

 もうすぐ4年になりますね・・・。応援してます!

今年も一年間、 私たちもがんばります!

            


   たまご磨き

  放し飼いですので鶏たちは部屋の中を自由に歩いたり走り回ったりしています。
  各部屋には産卵箱が設置してあり、殆どの鶏たちはそこで産みますのでさほど汚れてはいません。
  鶏たちの中には直接床の土の上に産む鶏たちもいます(主に部屋の四隅が多い)。
  鶏たちは自分たちの産んだ卵の上を平気で(土足のまま???)歩き回るのでどうしても汚れます。
  集卵したあと、大して汚れていない卵は乾いたタオルで拭き、汚れのひどいものは濡れタオルで汚れ
  を取り除いたあと乾いたタオルできれいに拭いてトレーに詰めます。
  卵一個、一個ですから、この作業にかなりの時間をとられます。
   

寺床の自然卵

  • 電話番号:0973-77-7445
  • 商品一覧はこちら
  • メールでのお問合せ